40代からのREAL MEN'S STYLE 金子マサオ

ファッションに悩む40代、50代のための究極の着こなしをご提案。

冬の必需品アイテム。①

f:id:maxxkun:20181124040329p:image

 

スタイリストの金子マサオです。

寒くなってきました。つい先頃までは20℃あった最高気温はそれ以下の日が続いています。

乾燥もしているので風邪など引かぬように気をつけてください。

これから寒さをしのぐ絶品アイテムをご紹介していきます。

 

手袋(グローブ)には皮革やウール、ナイロンの中綿製など素材的にも様々なものがあります。


でもやっぱり、大人の男はレザーグローブで決めたいですね。


そんなレザーグローブにもいろいろあって、ノーライニングやライニングがシルクの薄手のものからカシミヤを使った厚手のものまであります。


もちろん価格も多岐にわたります。

例えば、革製品と言えば、一番高価と言われるブランド、エルメスが思い浮かびますが、ここのグローブはラムスキンで約10万円。

 

 因みに皮革製品は革の種類で価格がぐっと異なってきます。

 

一般的には*グローブの素材で一番高価で希少と言われているのがペッカリーです。肉厚の革はぼってりとしていてラムスキンとは対照的です。一枚革のライニングなしでも大丈夫。存在感のある革です。

 

デンツ(DENTS)

ラムスキンの代表格がエルメスのグローブならば ペッカリーの代表格は英国のデンツです。ラムスキンはエレガント、ペッカリーはワイルドな印象を与えます。

f:id:maxxkun:20181124040704j:image
f:id:maxxkun:20181124040652p:image
写真上  デンツのグローブ価格は、ペッカリー・ノーライニングで55,080円。写真下  ヘアシープ(羊革)ノーライニング・タッチパネル対応で22,680円(共に税込)。

https://www.mashimo-onlineshop.com/smp/list.php?type=class&scat=223986


色も多彩です。但し濃い色をお勧めします。濃い色だと汚れが目立ちにくいからです。黒かこげ茶。イエローのきれいなものもあるのですが、経年変化でどうなるかで好みの分かれるところです。


この革の特徴としては、ツヤなしのマットでシボが大きく凹凸が目立ちます。さらに手を入れると革が手に張り付くようなしっとりとした保湿感があります。カシミヤのライニングには敵いませんが、ペッカリーの一枚革は保温性も充分あります。


イタリアからは2点ご紹介します。まずはカリデイ(CARIDEI)。1860年創業という超老舗のグローブ専業のファクトリーです。

 

f:id:maxxkun:20181124040928p:image
ラムスキンの柔らかなグローブは着け心地がとてもいい。また、タッチパネル対応のグローブなのでスマホを操作する時、グローブを外さなくてもいいのが嬉しい。


価格は他のメーカーに比べ多少買いやすい設定です。クオリティは価格に反映されると言われますが、ここはコストパフォーマンスがいいのも特徴です。

 

メローラ(MEROLA)

もう一点は高級グローブメーカーのメローラ(MEROLA)をご紹介。ペッカリー、ナッパレザーからカピパラまでと品揃えは豊富です。

ここはグローブとネクタイの専門ファクトリー。イタリアにはこういうアイテムごとに専業化にされているファクトリーがたくさんあります。


 f:id:maxxkun:20181124042309j:image

f:id:maxxkun:20181124042314j:image

 

写真上  ペッカリー、カシミヤライニングで39,960円(税込)。写真下  ナッパレザー、カシミヤライニングで17,280円(税込)。


MEROLA/メローラ公式サイト ハンドメイド高級レザーグローブ](https://merola.jp/products/list.php?category_id=19)

 

*一般的と言ったのは例外があるからです。それはエルメスが出しているクロコダイルのグローブ。誰が実用で使うのかは知りませんが、そこはエルメス。作ってしまうのですね。こういうものを。我々は飾られたこのグローブを見てため息をつくくらいしかできないのだろうと思います。

ちなみにこちらの商品は、銀座のメゾンエルメスB1のショーウィンドウに飾られています。ご興味のある方は足を運んでご覧ください。価格は56万5000円(税抜)。

 

 

CAUSSE(コース)

こちらはフランスのグローブメーカーで、GUCCICHANELHERMESなどラグジュアリーブランドのOEMを請け負っています。

自社工房で作られるグローブは、最高級の素材を立体裁断し、縫製されますので、着け心地は最高。ゆえに世界中から絶大な支持を集めているグローブメーカーと言われるのは納得です。

 

f:id:maxxkun:20181124041543j:image
f:id:maxxkun:20181124041053j:image
写真上 ペッカリー、ノーライニングで59,400円。写真下 ナッパレザーのノーライニングで32,400円(共に税込)。

 

レッツパーティースタイル

f:id:maxxkun:20181116032926j:image

スタイリストの金子マサオです。

11月も半分まで来てしまいました。イルミネーションの灯りがそのかしこで輝いて見えます。

みなさんはクリスマスシーズンのご予定はお決まりでしょうか?

 

12月に入ると軒並みクリスマスパーティーやら忘年会やらで慌ただしくなりますね。忘年会ならまだしもパーティーとなると着ていくものを考えてしまうでしょう。

 

結婚式の披露宴や二次会の時と同じ悩みを抱えることになるはず。
そういう方のために簡単にわかるドレスコードをお教えします。

ところで「ドレスコード」の意味を知っっていますか?


端的に言うと、服飾規定。ちょっとわかりづらいですね。
パーティーやレストランなどの場面において、この場で当たり前だとされる服装ルールのことです。

 

このドレスコード、われわれには馴染みが薄いせいか理解しにくいところがあります。ましてや服装や着こなしにあまり詳しくないなら尚更ですよね。

 

それでは本題に入ります。
最近は服装のカジュアル化が進み、スーツの需要が減っているとか言われています。
一般的には正装から順にカジュアルなものへと流れるのですが、ここでは順序を逆にして説明していきます。

 

●スマートカジュアル
ジャケット、チノパン、ノーネクタイ可。
まるでクールビズのよう。ジャケパンスタイルでいいのです。

 

f:id:maxxkun:20181116033346j:image
f:id:maxxkun:20181116033344j:image

 

●カジュアルエレガンス
ダークスーツ。

 

f:id:maxxkun:20181116033653j:image

●スマートエレガンス
ダークスーツ

 

f:id:maxxkun:20181116032926j:image

いわゆるスーツはフォーマルに準じないので注意してください。スーツはあくまでビジネス上の装いになります。

このあと、略礼服、セミフォーマル、フォーマルと続きます。
あまり機会のない装いだと思われますが、結婚式の新郎はタキシードを着ます。ご経験のある方もいらっしゃるでしょう。

タキシードも着る機会がほとんどない人が多いので、ドレスコードで覚えていて欲しいのは、取り敢えずスマートエレガンスまでで良いでしょう。

ただダークスーツだからと言ってビジネス色バリバリの着こなしではなく、ポケットチーフを入れたり、靴は踵の減っていない磨き上げられたは黒靴を履いたり、シャツはダブルカフスにしたりといつもとちょっと違う何かをプラスしてみてください。

たとえ短い時間でも、日常から離れてみるのもいいのではないでしょうか。
いつもと違う時間を過ごすことで、逆に日常にメリハリがつきますよ。

この時期から始めるセール対策。

f:id:maxxkun:20181110234551j:image


スタイリストの金子マサオです。


今年も残すところあと1ヶ月半あまり。

あっという間に1年が過ぎてしまいます。

年を越したら即セール。

セールでの買い物を積極的におすすめしていませんが、やはり気になる方もいらっしゃるでしょう。


そんな方のためにセールでの必勝法をお教えします。


やり方は至極簡単。でも手間がかかります。ここをクリアできれば欲しいアイテムをゲットできます。


初めに欲しいアイテムは何かを真剣に考えてください。順位を付けてもいいでしょう。


セールの仕組みはいたって簡単に出来ていて、当たり前ですが、メーカーが商品を捌きたい。売りたいというのが第一なのです。


ということはある程度覚悟がなければカモられる?


メーカーはここぞとばかりにその年の商品出ないものもセールにかけます。メーカーの売るための戦略に嵌らないように

こちらも準備が必要なのです。


12月に入ったらセールの下調べをすべきです。先程の買いたい物リストを参考にしながら、自分にとっての高額商品から潰していってください。


なぜ高額商品なのかというと、普段の価格では買えない物を手に入れるのがセールの本道だと思うのです。


ちっちゃな物はちょっと頑張れば叶います。小さな背伸びをして大きな物を得る。


大体セールの値引き率は30%〜40%です。10万円のスーツが7万円で買えることになります。ご自身にとってこの価格は妥当なのかを考えてください。


セール前の価格にこだわっていると、いくら安くなったかという割引率に気が向いていい買い物ができなくなります。


だから、いくらなら欲しいのかを明確にしておくことです。

 

f:id:maxxkun:20181110234604j:image


2番目にすることは下見です。 

でも、ただ下見するだけではなくて、試着できるものはどんどんします。


なぜこんな面倒なことと思われるかもしれませんが、セール当日は混み過ぎていて試着が難しいからです。


せわしい中、試着するよりもゆっくり時間をかけてした方が間違いがなく似合うかどうかの判断がつきやすいのです。


また、店員さんとの会話から思わぬ情報も仕入れられるかもしれませんよ。


同じショップで買い続けていると、ポイントが貯まったり、店員さんと顔見知りになり、プレセールもの情報やセール品のお取り置きなんてことも可能性もあります。


ここで大事なのはコミュニケーションです。相手も人間なので横柄な態度のお客は嫌らわれます。別に下手に出る必要はありませんが、ものを尋ねるときには丁重にした方がいいでしょう。


いかがでしたでしょうか?

たかがセールと侮るなかれ。

結構面倒なこともありますが、それが楽しかったりします。

 

ファッションに接する時間がある程、ファッションの感度が増しますので、是非セールもお役立てください。

 

ネクタイにもシーズン物があるの知っていますか?

f:id:maxxkun:20181028073656j:image

E.マリネッラのソリッドタイ。

http://www.marinellatokyo.jp/blog/midtown/22109.php


皆さん、スタイリストの金子マサオです。


スーツと同じようにネクタイにも季節物があるの知ってましたか?


大体、春夏、秋冬で区分けされます。これは素材や色で見当がつきます。


春夏は明るく薄め色が多く、秋冬は地味な色が多い傾向です。素材では、春夏がシルクにコットンをブレンドしたものやコットンだけのものがあります。 ニットタイの編物も人気です。


秋冬物にはウール混のタイやウールのニットタイがあります。


3シーズン着ることができるスーツのようにネクタイにも長い期間することができる物もあります。


その代表例が無地、ソリッドタイです。

先程の例ではないですが、色味でシーズンが変わることはありますが、ネイビー系、ブラウン系は押さえておきたい色です。


たぶん皆さんが一番苦労しているのが、柄物ネクタイの選び方だと思われます。

 

無地ネクタイは持っていなくても柄物ネクタイは何本もあるという方がほとんどではないでしょうか。


柄物ネクタイの合わせ方の基本的なポイントは、上着と同じ色の入っているネクタイを選ぶことです。別の言い方をすると上着の色を一色持ってくる感じです。

 

余談ですが、ポケットチーフも同じ考えでいいと思います。


一番やってはいけないのは柄を混ぜること。例えば、チェック柄のスーツ、ジャケットに同じような柄物を合わせてしまうことです。 

 

 

f:id:maxxkun:20181027192514j:image

f:id:maxxkun:20181028071918j:image

文字だと分かりづらいので写真を見てください。これはNG。

もしどうしても柄×柄の組み合わせをしたいならば、ファッションがこなれてきてからでもいいでしょう。


ちなみに「CanCan」という女性ファッション誌で「ダサいと思うスーツの着こなしランキング」の4位、5位はネクタイについてでした。

 

 

 

私がなぜ正統派の装いにこだわりを持っているのか?

 

f:id:maxxkun:20181009070842j:image
こんにちは。

スタイリストの金子マサオです。


昨日は名品シューメーカーを取り上げてみました。いかがでしたでしょうか?


高価でなかなか手の出ないものですが、これら名品を知って、実際に見る機会があれば、是非とも手にとってみてください。


人が作り出した絶品だという認識ができることとと思います。

きっと今後の装いに何らかの形で活かすことができるでしょう。


これはご紹介した靴が伝統的なファッションに根ざしているからなのです。


さて、このHPにも謳ってあるように、私はやたらと「正統派」「オーセンティック」「本物」というワードを使ってブログを書いています。


世の中には多くの偽物、正統派とは真逆の異端なものが蔓延しています。

服で言えばコピー商品。

そんな中から本当に良いもの、本物を見つけ出さなけれなりません。


それには審美眼を養うためにも本物を知ること、学ぶことが大切になってくるのです。


世の中はカジュアル化の流れが来ていて、ファッションが簡略化されています。

カジュアル化が悪いという訳ではありませんが、基本的な装いがわかっていないのに単に着崩す、カジュアルにするというのと、基本が分かった上で着こなすカジュアルスタイルは全く別物です。


ビジネススタイルにカジュアル的な要素を取り込んで、スーツにスニーカーやリュックを合わせるのは着こなしは上級編。


でも、大人がするには「ちょっとおかしい⁈」という着方も有りになっているのが現状です。


2WAYのビジネスバッグをスーツに斜め掛けしたら、上着も斜めを向いて肩が抜けてしまいます。本人はそれでも一向に平気なよう。

スーツが合ってないことや、2WAYのしビジネスバッグだからといって斜め掛けする事も正統派ファッションにはあり得ないことです。

服の着方の基礎を知っていれば、こういうことはない。


こんな事を何故ここまでしつこく言うのか?

理由は簡単です。きちんとした着こなしができていないと、いざという時困るからです。


だからこそ、「スーツ」や「革靴」など良いものを見る目を養い、多くの経営者、個人事業者にはまず覚えてもらいたいのです。


私が思うにまだ8割の人がビジネススーツでさえ端正な佇まいで(ここがポイントです!)着こなせていません。

端正にというのは、スーツを着ることでその人に威厳さが溢れたり、流麗でより輝いて見えること。一言で言うと、スタイリッシュであることです。


端正なビジネススタイルは皆さんのビジネスを一歩でも二歩でも前に進めるように後押ししてくれるような装いなのです。


服はその人を輝かせてくれます。

スタイリッシュに着こなせたスーツは、皆さんの仕事を効率よく回し、相手からの信頼を獲得できる絶対的なツールとなります。


スーツの上着のサイズ感が分かれば、自ずとジャケットも同じように理解できます。


スーツのスラックスのサイズ感、見た目のいい長さが分かれば、コットンパンツの合うイメージが想像できます。


これまでのことを簡単にまとめると、


◉着こなしの基本を身に付ける。

◉何が正統派ファッションなのかを知る。

◉審美眼を養う。

◉端正なファッション➡︎柔らかいファッション(カジュアル)。


退屈かもしれないのですが、まずは基本を押さえてください。

ファッションの楽しさをより実感できるようになりますよ。

大人の男が揃えたい名靴5選。

こんにちは。

金子マサオです。


熟年の大人が若者と同じような靴ではなく、どこに行っても恥ずかしくないもの。そんな名靴をご紹介します。


「お洒落は足元から」と言われるように、ディテールにまで気を配ることこそお洒落を一歩進める秘訣です。

 

f:id:maxxkun:20181008065521j:image

アンソニークレバリー

言わずと知れたピスポーク靴を作る工房です。ここのピスポークをそのまま既成靴に落とし込んだものがこちらの逸品。


外見の形だけをみるだけではこの靴の本質には迫れません。とにかく足入れしてみることです。


今までと別次元のフィット感が得られます。足裏に吸い付くような感触は「私のために作ったもの⁉︎」まさにピスポークと見紛うよう。


なるほどハンドゾーンウェルテッドの成せぬ技。内側からも名靴は語るものなのです。

 

 

f:id:maxxkun:20181008065959j:image

ジョンロブ

ちょっとめんどくさい説明になりますけれどお付き合いを。


イギリスで誕生したジョンロブは、パリに出店しましたが、経営難に陥りエルメスの傘下に入ります。


このパリにあるジョンロブパリが現在、ジョンロブとして世界に進出しているシューメーカーです。


イギリスの本家ジョンロブはピスポーク専門のまま現在も営まれています。


ジョンロブパリはイギリス製の靴です。ノーザンプトンという場所で作られてます。


グッドイヤーウェルト製法で作られる靴は初めは反り返りが硬いのですが、インナーの下に引き詰められたコルクが沈み、足裏に合うよう変形していきます。


徐々に慣らしていく。これ一つの楽しみと思っていただければ。


近年、ジョンロブも変化に対応しようと、アーティスティックディレクターを採用しました。


伝統と感性の融合。

伝統を踏まえたフィリップチⅡに代表されるドレスシューズは、女性の感性が加わりさらに進化していくことでしょう。

 

 

f:id:maxxkun:20181008071028j:image
サンクリスピン   

オーストリアのウィーンで創業したメーカー、サンスクリピン。オーストリアの靴と聞くと聞き慣れない感がしますが、申し分ないほどの作りの良さです。


現在はルーマニアの工房でハンドメイドのプレタラインとピスポークを作っています。日本では、パターンオーダーを含めたプレタラインの靴を購入できます。


ハンドメイドによる工程で作られる靴は、品質を維持するため月間の生産量をセーブしているほどの拘り。


外見はイギリスやフランスの靴とは違った趣があります。

 

 

f:id:maxxkun:20181008071156j:image
ベルルッティ

近年はトータルウエアブランドに成長したベルルッティ

でもここのブランドの始まりはシューメーカーです。

ベルルッティと言えばバティーヌと呼ばれるアンティーク調の色入れです。これを可能にしているのが門外不出の皮革、ベネチアレザー。

ベルルッティだけが使えるこの皮革から生み出される靴は芸術品のような美しさがあります。

靴という実用品をここまで昇華させたのはまさに偉業と言えるでしょう。

 

 

f:id:maxxkun:20181008065521j:image

クロケットジョーンズ

メイドインイングランドを代表するシューメーカー。グッドイヤーウェルト製法。堅実な作りが人気の要因です。同じイギリス製のエドワードグリーンやジョンロブよりも価格が約半分なのも魅力の一つでしょう。

セレクトショップなど多くの別注品がリリースされてます。

 

何よりも清潔感が一番である。

 

 

f:id:maxxkun:20180930064632j:image

 

こんにちは。

金子マサオです。


ファッションを良くしたい、お洒落をしたいと思って、服を購入するのはいいのだけれど、その前にしておいきたいことがあります。


今ある服(スーツ、ジャケット、シャツ、パンツ、靴下、靴、ネクタイ、バッグなど)をもう一度見直してみてください。


汚れやほつれがあれば直ちにクリーニングとお直しをしましょう。


その理由は、お洒落で一番大切なのは清潔感だからです。


例えば、シャツの袖口が汚れていたり、スーツ上着の肩にフケのような白い粉がついていたり、スーツの裾がほつれていたりするのはNG。


または靴が汚れて色が落ちていたりするのも考えた方がいいでしょう。


こういうちょっとしたことに解決することがお洒落になるかそうでない道に進むかを決めてしまうのです。


ファッションはほんの小さなことの積み重ねです。皆さんがお洒落になるためにすることは大袈裟なことではないのです。


ファッション、お洒落になるというと、派手な変身した自分の姿を想像しかちですが、それは違います。


皆さんが目指すファッションは、派手にするということではない。着飾ることでもありません。


数多のビジネスシーンで通用するファッション。プライベートでも一歩抜け出したイケてるファッション。こんなファッションを目指しています。


具体的には、上に述べた通りのことが基本中の基本だと思ってください。何よりも清潔感。他人に嫌がられないファッションです。


清潔をこころがけて、その上でスーツの選び方とかジャケパンの着こなし方、小物の使い方を覚えていきましょう。


多くの人が気づいていても9割方の人が実践してないことです。みなさんは残りの1割になるように努めてください。


さあ、今日からがスタートです。