格好いい着こなしはどのようにしてできるのか?

f:id:maxxkun:20180618182617j:image

 

みなさん、こんばんは。


金子マサオです。


格好いい人は賞賛され、野暮ったい人は何も言われない。


先日はこのような話をました。


他人はどこを見て格好いいのか、そうではないのかを決めているのでしょう。


それは全体のバランスがにあります。


高価なハイブランドの服で揃えても、決して皆が格好良く見えないのは周知の通りです。


もちろん、その人が持っている初めからのイメージにもよりますが、格好いいのはファッションに関してある意味努力していることでもあるのです。


稀にファッションに関して学んでなくても、持って生まれたセンスだけで、格好いい着こなしをしている人もいます。


でもこれは例外なのだと思ってください。


格好いいファッションは、学ぶことで習得できるのです。


だから、みなさんも格好いいファッション、着こなしをしたいと思うならば、まずはファッションを学ぶことが必要です。


どこから学ぶかはいろいろな考え方がありますが、第一歩は鉄板のコーディネートを覚えることです。


ビジネススタイルならば、最低3パターンを覚えます。


ネイビー、グレーのスーツの着こなし。ジャケット+パンツの着こなしです。


これを軸にしてネクタイや靴などでアレンジを加えます。

 

 

変な格好をしている人には皆なにも言わない。

 

f:id:maxxkun:20180616095900j:image

みなさん、こんにちは。
金子マサオです。

 


他人からどんなふうに見られているか興味のある人はいるでしょう。


外見が気になるのは当たり前のことです。


自分は結構イケてる格好をしているなと思っている人でも他人から評価は別物です。


外見は時に自分に甘く他人に厳しいものです。


お酒の席ではよく他人の話で盛り上がりますが、こういう時、自分のことは棚に上げて他人のことを面白おかしく喋っています。

 


外見の話になると酷い格好をしている人の話はしますが、本人には絶対に告げることはありません。

 


あなたがどんなに格好が悪くても他人は決して話してくれないのです。


格好いいばあいはまるきり逆で、着こなしがいい、お洒落だと絶賛されます。


この差はあまりにも大きい。


だから、あなたが外見を褒められたことがないならば、お洒落ではないということです。


再度繰り返します。内心思っていても、他人はあなたに向かって直接格好悪いとは言いません。


他人の見た目の判断は残酷なのです。

 


では、自分の外見を判断する基準はどう持てばいいのでしょう。


それは自分を客観視する術を身につけること。または辛辣でも率直に言ってくれる人を見つけることです。

 


ビジネスのプレゼンやプライベートの婚活。人に見られる場面が多くあります。

 


今までのように外見を気にして迷うよりも、どうすれば外見が良くなるかを学ぶことを考えましょう。

 


ファッションが向上すれば、外見の悩みの多くは解決できます。


たった数万円で振り向かれる人になれるのです。
 

きれいめビジネスからきれいめカジュアルまで。

 
f:id:maxxkun:20180615223156j:image
 
みなさん、こんにちは。
金子マサオです。
 
ビジネスシーンにおいてもプライベートなシーンにおいても、大人のお洒落はきれいさが欠かせません。
 
 
たとえクラッシュしたデニムを履いていても全体を見ればきれいにまとまっている必要があります。
 
なぜか?
 
40代、50代になると、自分を支える体が老化傾向にあるので、きれいにしていないと見窄らしく貧相に見えてしまうからです。
 
 
年齢に関係なく若々しい装いをしていると、実年齢よりも若く見えるものです。
 
但し注意してほしいのは若作りにならないようにすることです。
 
下手に若者のファッションを取り入れると、イタい装いになってしまいます。
 
 
きれいめな装いとは、清潔感があり、シンプルで、相手に対して不快感を持たれないファッションです。
 
一番はじめに書いた清潔感は何よりも重要です。
 
服に皺が寄っていないか。首回りはきれいか。ほつれがないか。袖口が擦れていないか。シミがついていないか。
 
そんなに難しいことではないと思います。
少しの気の使いようでお洒落な人に一歩近づいていくのです。
 
 

スーツをスーツをどこで買うかは大きな問題である。


 f:id:maxxkun:20180614172407j:image
みなさん、こんばんは。
 
金子マサオです。
 
先日はスーツのサイズについて書きました。サイズが合うスーツというのはどこにあるのでしょうか?
 
そんな疑問にお答えしたいと思います。
 
サイズが合うスーツと聞いて、まず思い浮かぶのばオーダースーツです。
 
オーダースーツを扱っているところは最近増えている傾向にあります。
 
リーズナブルで作れるオーダースーツがあります。
 
ここで一つ問題が。安価なオーダースーツの中にはジャストフィットしていないものもあるという事実です。
 
オーダーしたのにダボっとしたスーツ。これではサイズについて学んだのに意味がなくなってしまいます。
 
だから、オーダースーツならどこでも同じだとは言えないのです。
 
下手なオーダースーツを作るよりも既製服(吊るし)の方がいい場合だってあります。
 
既製服ならば、セレクトショップを考えるのがいいでしょう。
 
スーツについての知識が豊富な店員さんがいます。心強い限りです。
 
 
最初に一言、ジャストフィットしたスーツを探している旨を伝えます。
 
 
そして何着も試着をしてみます。
こういうことの繰り返しでだんだんと自分のサイズがわかってきますし、どこで買ったらいいか。どのブランドスーツが合うのかもわかってくるのです。
 
 
具体的には、ビームス、ストラスブルゴ、バーニーズニューヨーク、シップス、エストネーションなと。
 
オーダースーツは、ペコラ銀座、ペルサルタ、テックステック(鎌倉シャツ)など。
 
一番いいのは実際に手に取って実物を見ることです。
 
オーダースーツの中には入りづらいお店もあります。
 
そんな時は正直にスーツを作りたいが迷っているので相談だけでもお願い旨を伝えることです。
 
 
既製服の場合にも言えるこことですが、店員さんとの会話を大切にしましょう。
 
 
 

スーツをお洒落に着こなす法則はある。

 

f:id:maxxkun:20180610184015j:image

こんばんは。金子マサオです。

 

ビジネスシーンで何気なく着ているスーツ。

 

ところで、スーツの着こなしを褒められたことありますか?

 

スーツをビシッと着こなしているだけで、多くの確率で周りの人の評価が上がります。

 

スーツには着こなしの法則があります。

 

その8割を占めているのがサイズです。

 

もちろんスーツそのものの良し悪しはありますが、サイズがジャストフィットしているだけで見違えます。

 

多くの方がサイズ感を取り違えているので、まずはこれを修正するだけでいいのです。

 

簡単なことです。でも、こんな簡単なことを知っていると知らないでは着こなしに大きく差が出ます。

 

ファッションは知識が必要です。

 

ファッションを学んでいないわれわれは自ら知識をつけなければなりません。

 

きっとジャストフィットのスーツを着た時違和感を感じる方もいるでしょう。

 

これが正しいご自身のスーツのサイズが分かれば、あとは同じことの繰り返しです。

 

 

f:id:maxxkun:20180610183924j:image
f:id:maxxkun:20180610183931j:image

間違ったサイズのスーツ。背が余って浮いている。

夏のシャツアイテムの定番、ポロシャツ。

おはようございます。金子マサオです。

 

昨日のリネンシャツに続いて今日はポロシャツのお話です。

 

カジュアルスタイルをイメージすると、まず浮かぶのがTシャツではないでしょうか。

 

大人が着るにはTシャツそのままよりもベストを重ねる。ジャケットを羽織るなどのアクセントが欲しいものです。

 

またTシャツは襟元がクタクタに緩むとだらしなく見えるので注意が必要です。

 

そこで注目したいのがポロシャツです。ポロシャツならば1枚で着ても問題ないし、重ね着もできます。

 

考えると結構便利なアイテムなのです。

 

ポロシャツの着こなしは全部のボタンを留めてジャケットを羽織るのもいいですが、開襟して着るのもいいでしょう。

 

カラーも豊富なポロシャツ。今一度を見直してはいかがでしょうか。

 

 

f:id:maxxkun:20180609021405j:image
ポロシャツと言えばラコステ。これはウールピケのもの。アニバーサリーモデル。

 

f:id:maxxkun:20180609021411j:image

クルチアーニのポロシャツ。襟が共地なのが特賞。

リネンシャツで涼しげな着こなしを。

梅雨の合間の晴れ。

梅雨のわりには湿度が高くなさそうです。

こんにちは。金子マサオです。

雨の日の対策アイテムが2日つづきましたので、今日はまるきり趣きを変えて、シャツの話をしましょう。


これだけ暑くなってくると普段でも着るシャツに困りませんか?

綿シャツではちょいと暑い。そんな時役立てたいのが麻(リネン)シャツです。

綿シャツと違って多少のシワが許されるのが特徴です。

逆にアイロンかけてパリッとし過ぎているとなんだかぎこちない。

リネンは素材がもともとシワになりやすいもの。

だからザックリと着るのがいい。

 

 

f:id:maxxkun:20180607130508j:image

フィナモレのリネンシャツ。