50代からのメンズファッション 金子マサオ

50代、60代のメンズファッション・スタイルをご提案。

50代60代のシニア世代。素足から靴下の季節になった。ビジネススタイル編。

こんにちは。
ファッションマニアのスタイリスト金子マサオです。


季節が移り変わって秋らしくなりました。


今日のお昼頃は27℃くらいになったようですが、これを書いている今はだいぶ気温が下がってきたようです。


風が心地よく感じられます。


ところで、夏には素足で闊歩していた人もこれからはちょっと寒くなるかも。


白スニーカーやローファーなどのくるぶしの出る靴も靴下が必要になってくるでしょう。


さて、どんなシチュエーションで、どんな靴下を選んで履いたらいいのか。


靴下入門ということでまとめてみたいと思います。


絶対NGな靴下があります。前にも書きましたが、白靴下は履かないでください。


理由は簡単。50、60歳を越えた大人が履くアイテムではないからです。


若者が黒い靴に白靴下に何気なく履いていますが、あれは若いから出来ること。


中年以降がやってはダメです。


たまに見かけます。白靴下を履いている人。絶対NGですから(強調)。


どんな靴下がいいのかというと、これは
スタイリングに拠るところが多いです。


まずはビジネススタイルから。


靴下は靴とパンツの色合いで決めるのが正当なスタイルです。


基本はパンツか靴の色に揃えることから始めてください。


そして一つ、それぞれに濃淡を付けてアクセントにします。


ちょっとややこしいですね。


具体例で見ていきましょう。

 


パンツがグレー。靴が黒系ならば、黒、グレー系の無彩色。次にネイビー。


黒靴にパンツがネイビーならばグレーか黒。


靴が茶系ならば、靴下はグレー、ネイビー、バーガンディ(ワインの色)、茶系。


茶系の場合、靴がこげ茶ならばミディアムブラウンくらい。逆に靴が薄い茶系ならば、靴下は濃いブラウン。


グレーの靴下はミディアムより濃いものを選んでください。

 

このくらいコーディネートができると、ビジネススタイルの基本は完成します。

50代60代のシニア世代。ヘアスタイルどうしてますか?

ファッションとともにお洒落欠かせないのがヘアスタイル。


たかが髪の毛を切ったり、伸ばしたりというだけではないのです。


こだわりとかの前に清潔に見えるようなことを心がけたい。


それは単なる見栄えだけではないから。


カッコつけだけでヘアスタイルを語るならば、50代60代が似合いそうな髪型でなくても、ツーブロックにしてもいいのではないかと思うのです。

 

f:id:maxxkun:20200927203135j:image


40代頃まではツーブロックをしていましたけれど、今はしていません。


やはり年齢によって合う髪型ってあると思うし、皆さんはもっと髪型に対して意識高くして欲しいと思うのです。

 


コスパのいいサロンを否定するわけではないのですが、技術のある人に依頼するということも大切だと思います。


信頼できるヘアスタイリストができれば、何となくの髪型ではなく、自分の意思通りの髪型にすることができるはずです。


また、髪型をおざなりににしてしまうと、清潔感がなく思われでしまいます。


清潔か不潔かを判断されるのに一番わかりやすいのが髪型ではないかと思います。


もみあげ、襟足、サイドの髪などは処理がきちんとしていないと目立ちます。


日本人の頭の形はサイドに張っていて、後頭部は平ら(絶壁)なのが一般的ですから、サイドの髪がボサボサになるとすぐに髪型が整わなくなります。


できるだけ間隔を開けずに床屋、ヘアサロンに行く習慣をつけた方がいいでしょう。目安は1カ月に一回です。

 


髪が薄い人でも髪型を整える方法はあります。短髪にしてハゲた部分を目立たなくするのです。


俳優で言うと渡辺謙さん。


モト冬樹さんもハゲを堂々と言うだけあって、不潔には見えません。


やはり、一番大切なのはファッションもヘアスタイルも自信を持ってすることですね。

50代60代のシニア世代。雨の日でも気分を良くする買い物。

こんばんは。


ファッションマニアのスタイリスト金子マサオです。


ここ数日、雨が降り続いていますね。


なんか面倒な雨。折角の連休もぐずついたお天気のせいで街は少し静かだったような気がします。


まあそんなお天気にも少しは気分を盛り立てることはないのだろうかと、好きな傘を考えてもみました。


今まで持っている長傘や折り畳み傘がだいぶヘタってきたので、新しいものを探していました。


価格面ではそんなに高価なものでなくても、実用的であればいいなあと思います。


少しだけお洒落は残したいけど。


いろいろなショップを探しているのですが、これが難しい。


折り畳み傘は軽くて長め。扱いやすいものを探していました。


価格面と実用性、お洒落度の三角形を描いて、これくらいならばいいと思えるものが一点ありました。


BEAMSのオリジナル傘です。


ビームズでもカテゴリーによって価格差があり、ちょっとだけ仕様が違っています。


B:MINGものはちょい安い。仕様はほとんど変わりませんが、長さが違ってました。


写真のもの。上からbpr BEAMS、下がB:MING。

 

f:id:maxxkun:20200925114849j:image

https://www.beams.co.jp/item/bprbeams/fashiongoods/11660020678/?color=19

 

f:id:maxxkun:20200925174050j:image

 

https://www.beams.co.jp/item/bming/fashiongoods/92660011470/?color=19

 


どちらも軽量で扱いやすい。開閉がボタン一つできるものポイント高い。


こういう欲しいものをあーでもない、こうでもないと考えている時が本当は一番楽しいのかもね。


そんなに大層なことでもないけど(そうでもないかも⁉︎)、衝動買いとは違う、モノを買う楽しみもあっていいんじゃないかと思うのです。

50代60代シニア世代。シャツの下のどんなインナーウエアを着てますか?

これからはシャツ1枚で過ごすことはグッと減るでしょう。


それでもジャケットを脱いでシャツ1枚になる機会はなくなるわけではありません。


その時、シャツの下からインナーウエアが透けて見えてしまうのはとても格好いいとは思えません。

 

シャツの下からランニングやTシャツの形がくっきりとわかってしまうのはNGです。


洋装ではシャツはもともと下着でした。それが時代を経てジャケットの下に着るアイテムになりました。


本来シャツの下にアンダーウエアを着るのは可笑しいのです。


ただ、この国の気候が気候だけにシャツだけだと汗で体に張り付いて見た目も良くない。


だから、ここではインナーシャツ、アンダーウエアを着るようになったのです。


では、シャツの下から透けないインナーウエアって?


白シャツの場合はベージュのインナーウエアを。サックスのシャツにはグレーのインナーウエアならば透けません。


多くの人がシャツの色に関係なく、白いインナーを合わせてしまっています。


白って結構透けて見えるんですよ。


あとは色物、黒とかプリント物(流石にいないか!)は完全なNGです。


たかがインナーウエアと侮ることなかれ。


インナーウエア1枚でお洒落度がどれくらいアップするか。


お洒落な大人はこういうところ(ファッションのディテール)にも拘りがあるのです。

 

50代60代向けのスタイリストによるファッションスタイリング
 
ファッションのご相談
約1時間のファッションカウンセリングです。ファッションについてのお悩みをご相談いただければ、1時間という限られた時間ではありますが、お客様のご希望をお聞きしながら、ファッションに関すること全般にお答えさせていただきます。
 

ファッションスタイリングコース
50代60代が品性のあるファッションスタイルを創るために特化したコースです。私のポリシーである「知識と実践」を学ぶ半年間コース。半年の間に講座2回とショッピングアテンド2回となります。
 https://maxx-style.com/service
 

50代60代シニア世代が最速最短でお洒落になる方法とは?

ファッションマニア。スタイリスト
金子マサオです。


50代60代が最も速く最短でお洒落になる方法をお教えします。


いろんなパーソナルスタイリストさんたちが唱えている「まずは捨てること」。


これには同意見です。しかし、スタートは違います。以下読んで頂ければ分かります。


今までお洒落とは程遠いファッションをしていたのですから、そのファッションを一度ぶっ壊してみないといけません。


それから新しいファッションを創っていくのです。


ぶっ壊し方もいろいろあって、「全部を処分する」から「1年以上着ないものは処分する」までいろいろな意見があります。


私は9割方捨てられればいいと思うのです。


捨てるのって結構難しい。


妙な愛着があったりしてなかなか手放せないものです。


まあこれを何とかクリアして長く背負っていた今までのファッションとオサラバします。


9割というからには、残りの1割は何なのかと思われるでしょう。


下着類やまあ3日過ごせるだけの衣類。新しい服から残していきます。


3日間のうちに新しい服を何とか揃えます。スピードが命です。


早いに越したことはない。だらだらとしていてもファッションを新たに築くことはできませんから。


そして揃えるもの。これが最も大事。


今までと同じ感覚で服を買っていても、また同じようにお洒落とは程遠いファッションが出来あっがってしまいます。


これにはファッションの基本を身につける必要があります。  


服を処分してしまってから、何を揃えたらいいかを悩んでも遅いのです。


ファッションの基礎を学ぶには、ファッション指南本とかファッションの基盤が載っている雑誌を見ることです。


それでも難しいと思ったら、プロのスタイリストに依頼する。


選択肢はいろいろあるので、ご自身で考えてみてください。

 

まとめ
ファッションを学ぶ。→
3日間分の服を残す。→
服を処分する。→
ま学んだ通りに服を揃える。


学ぶ期間が少しありますが、一週間で新しいファッションが構築できます。

50代60代のシニア世代。お洒落を頑張っているのに、お洒落だと思ってもらえない人とは?

お洒落を一所懸命して努力している人でも、なぜかお洒落に見えない人がいます。


ちょっとは掠っているのですが、大分ズレています。


これ、結構ヤバいかもしれません。


なぜなら、ご本人はお洒落だと思ってやっていることが他人(第三者)には伝わってないからです。


何がどうしてこういう結果になってしまうのでしょうか?


まずは着ているモノが間違っている場合。


当人はお洒落なアイテムだと思っていても、他人はそう思わない。


まあこのパターンならば、アイテムを取り替えればいいだけなのでさほど問題ではないのです。


次のお洒落なアイテムの組み合わせ(コーディネート)なのにお洒落に見えない。


お洒落なアイテムを着ているのだから、格好良く、お洒落に見られてもいいはずです。


このパターンは根本的にファッションを創り変える必要があります。


何が良くて、何が悪いのかを知ることです。


間違ってズレたコーディネートをご自身で気づくのは難しいからです。

 

また、それを忌憚なく言ってもくれる人はほぼいないでしょう。


それが言えるのはファッションのプロか、あなたのことを真剣に考えてくれているファッションに精通した友人だけです。


嫌かもしれませんが、ちゃんとダサいと指摘されるくらいならまだ救いがあります。


他人はあなたに本音を告げることはありませんから。

 


解決策はファッションの基礎を徹底的に学んで修正することです。


シニア世代には今更と思うかもしれません。


しかし、お洒落になりたいという想いがあるならば、しっかりとファッションの基礎を学ぶべきです。

 

ファッションの基礎を学ぶと言っても、難しいことではなく、してはいけないことを覚えるが一番手っ取り早いのです。

 

50代60代向けのスタイリストによるファッションスタイリング
 
ファッションのご相談
約1時間のファッションカウンセリングです。ファッションについてのお悩みをご相談いただければ、1時間という限られた時間ではありますが、お客様のご希望をお聞きしながら、ファッションに関すること全般にお答えさせていただきます。
 

ファッションスタイリングコース
50代60代が品性のあるファッションスタイルを創るために特化したコースです。私のポリシーである「知識と実践」を学ぶ半年間コース。半年の間に講座2回とショッピングアテンド2回となります。

 

 https://maxx-style.com/service

50代60代の方。ジャケットの裾からお尻が丸見えじゃないですか。マズいです。

最近、カジュアル化の流れの中、ジャケットの着丈が短くなっています。


スーツやセットアップ(上下別々で買えるスーツと思ってください)は、スリムになり、さらにジャケットの丈が短くなりました。


逆にまだまだ寸胴(ファッション用語ではボックスシルエット)な形のジャケット&パンツもあります。


寸胴な形なので、フィットする(体の線に吸いつくような感じ)のではなく、ゆとりのある大きな服というイメージ。


ファッション性を考えずに体を動かすことだけを考えれば、これも間違えとは言えません。


しかし、こちらを着ると10歳は老けて見えます。 ※紳士服専門店または百貨店で購入できます。


どちらにしてもシニア世代には似合わないのです。さてどうするか?


ジャケットの着丈はお尻が3分の2隠れるくらいがベスト。


こんなスーツあるのでしょうか?


まず考えつくのはオーダースーツ。


オーダースーツならば、体に合った服を作ってくれるはずです。


何か、巷ではオーダースーツが流行っているらしい。


それも既製服(吊るしの服)より安い価格で勝負しています。


若年層を狙っているのかと思いきや、オヤジやジジイもターゲットにしているということらしい。


オーダースーツで¥29,000


確かに安い。


天邪鬼な私は、これだけ安いのには理由があるはずと勘ぐってしますのです。


そこで、ネット上にある数店舗を訪れてみました。


能書きは全部飛ばして、出来上がってスーツを着ている購入者様の服を見て回りました。


なかなかお洒落をしているように(ここ強調)見えます。
続きを書くと、悪口になってしまいそうなのでここでやめておきます。

 


お洒落に見えるかそうでないかは見る人の判断になります。お洒落な人が見てもお洒落に見える人が本当にお洒落なんですよ。


なんか禅問答のようですね。


結局、個人的な印象はニッキュウはそれなりのモノ。


お洒落に着ることもできないことはないけれど、私はしないという結論。


なぜ、そこまでこだわるのか?


格好良くないから。


50代過ぎて、お洒落をするのであれば、本気でやるべき。


ちょこっと〇〇風な着こなしなんてなし。〇〇な着こなし。断定する。


作っている人、売っている人を見ること。これ大事。


売っている人、作っている人がお洒落じゃないなら、出来上がった服も程度がわかります。


50代60代がお洒落をするならば、年齢を考えなくてはなりません。

 

オーダーでなくても、お尻が隠れるジャケットはあります。

 

前にも書きましたが、あるところにはあるのです。