40代からのREAL MEN'S STYLE 金子マサオ

ファッションに悩む40代、50代のための究極の着こなしをご提案。

ネクタイを外した時にもエレガントな装いができるんです。

 

f:id:maxxkun:20180417091328j:image

ちょっと肌寒さが感じられる今朝。

 

でも、暖かくなってくるとネクタイが邪魔になってくるという方もいらっしゃるでしょう。

 

そろそろクールビズの登場です。

 

じつは私、このクービスあまり好きではありません。どうしてもファッションとは何か違う感覚があるのです。

 

端的に言えば、実用的過ぎるということでしょうか。

 

そこには美しさが感じられないのです。ビジネススタイルもエレガントにできます。もっと言えば、スーツやシャツはもともとエレガントなのです。


いわゆるクールビズはネクタイを取って涼しげにすることが第一義なので、美しさなんて言っている余地はないのでしょう。


しかし、日本の暑さを考えると、ネクタイを締めたスーツで歩くというのも無理があります。


では、どうするか?


ネクタイを取っても様になる装いをすればいいのです。

 

この時着るシャツの襟元のカラーが大切になります。一般的なレギュラーカラーだと、それこそオジサンくさくなっています。


開襟した時にもきれいな開き具合が保るホリゾンタルカラー(カッタウェイ)のものを選びましょう。

 

 

f:id:maxxkun:20180417092514j:image

 

ホリゾンタルとは水平という意味で、左右の襟が180度水平になっていることから名付けられました。

 

セミワイドもお勧めしたいのですが、開襟した時に襟がきれいになるのは高価なシャツになってしまいます。


シャツ選びをちょっと工夫するだけで胸元を格好良く見せることができます。


ファッションは「選択」(セレクト)と「組み合わせ」(コーディネート)です。みなさんも是非ファッションを楽しんでみてください。