50代からのメンズファッション 金子マサオ

50代、60代の男性ファッションをご提案。

50代60代は美しい服を着るべきである。

 

f:id:maxxkun:20200205174141j:image

「美しい」という言葉は女性の服に対する表現のように思われるかもしれません。


しかし、男性の服にも同じように「美しい服」はあります。美しい服の定義は難しいのですが、服の作り手が美しい服の価値を重んじ、顧客のために作ることを真摯に考えて作られる服とでも言いましょうか。


50代60代にはこのような作り手の想いが込められている服を着てほしい。


既製服でも同じように服作りにポリシーが現れているものを選びたい。


闇雲に服を探しても、仕立てても美しい服に巡り合えるとは限りません。


それにはある程度の服の知識が必要だったり、自身のサイズ感を把握していることも重要です。服に対する審美眼です。


美しい服は着る人をエレガンスに見せてくれます。野暮ったさが出ない。


どんなシチュエーションでもエレガンスを纏うことによって得られるメリットは計り知れません。


エレガンスを纏うことの魅力は、いつもの自分以上の自分を演出してくれることなのです。


美しい服を着る。年齢に重ねたわれわれ50代60代は、ただ単にコストとか見た目とかブランドに惑わされることなく服を選ぶ。


美しい服を得たければ、まずは本当に美しい服を見ることです。本物を見ることによって審美眼が養われます。

 


世の中は多くのコマーシャルに溢れています。あらゆる商品が自分のところのものが「いい」と言っています。


その中でどれを選ぶかの基準を自ら設けていかないと無駄なものに囲まれてしまいます。


美しい服はどこにでもあるわけではない。まずは美しい服のありかを調べる。わかればそこに行く。


何事も同じように行動してはじめて得られるものがあります。


ただ見ているよりも試着した方がわかることがもっとあります。


私がはじめて試着した某有名ブランドの服はその良さがわかりませんでした。どこがそんなにいいのか?


そして数年経ってもう一度そのブランドの服に袖を通して、はじめてやっぱり美しい服だなあと思い至ったのです。


すぐに審美眼が磨かれるわけではないにしろ、時間が経つにつれて少しずつ美しい服がわかってきます。


また、それ以上に長く着ることによって美しい服の良さが理解できるのです。